医学部合格カルテ
    トップ
    プロフィール
    記事一覧
    お問い合わせ
    プライバシーポリシー

7/8/2022 9:30:00

Case66.本気の受験生はかっこいい

eyecatch
マインド

 本気で勉強に打ち込んでいる受験生は、本人が思っている以上にかっこいい。めちゃくちゃかっこいい。何かを死ぬ気で挑戦しているその姿を見て、周囲の人は憧れを感じるものである。

 例えば甲子園で高校球児が全力プレーする姿を見て感動したことはないだろうか。あるいは、駅伝リレーで各走者が全力を尽くし次の走者にたすきを繋いでいく姿を見て心が震えたことはないだろうか。つまり、人は誰かが全力で打ち込んでいる姿を見て、その姿に魂を揺さぶられるような経験をし自己をその姿に投影するのである。

 こういった経験はスポーツでイメージしやすいが、勉強でも然りである。勉強には野球やサッカーのような見た目に映える派手さはない。しかしながら毎日黙々と机に向かい何時間も何十時間も勉強する強靭な意志を持つ人間を見ると、同じような境遇に置かれた人の心を突き動かし、努力する姿勢に共感と感動を与える。

 このような姿を見て、時にはやっかみや冷やかしを受けることもあるかもしれない。しかしたいていそういうことを行う人は「自分はあなたのように勉強に打ち込むことができない弱い人間です」と宣言しているに等しい。真に努力するものは、決して他人を否定することはしない。野球選手がサッカー選手に「あなたは大したことないね」と言うことはないように、仮に自分の目標とするベクトルと異なっていても、努力することの難しさや尊さを知っている人は決して他人の努力を否定することはしないのである。

 受験勉強は半分以上思い通りに行かない。先が見えずつらい、苦しい、もうやめたい、そんなことの連続である。しかし、そんな中でも今年の春に自分と交わした約束を思い出してみよう。毎日着実に努力を続ければ必ず道は開けてくる。虹を見ようと思ったら雨が上がるのをじっと待たなければならないように、満開の桜並木を歩くためには極寒の冬を乗り越えなければならない。一見うまくいっているように見える友達でも、うまくいったように見える先輩でも、この極寒の冬を必ず経験している。

 いま勉強してつらいのは大学入学まで、いま勉強しないでつらいのは死ぬまで、そう思って勉強に取り組もう。決して大学受験が人生のすべてではない、これは断言できる。しかしながら、大学受験に失敗したばかりに自分の夢や目標から大きく遠退いてしまう人がいるのもまた事実である。たかが大学受験、されど大学受験、本気でやっても手を抜いてやっても構わないが、どうせやるなら後悔しないやり方を選択してほしい。

 本気の受験生、目指してみないか?

mpsbanner
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

この記事が気に入ったらいいね・シェア!↓